忍者ブログ

* admin *  * write *  * res *
[157]  [156]  [155]  [154]  [153]  [152]  [151]  [150]  [149]  [148]  [49
<<09 * 10/1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31  *  11>>
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

この地方には珍しく雪が降った。

それも、ふわふわの綿雪だ。

珍しいものをみた。

車のフロントガラスの向こうの世界で

ふわふわと白い妖精のような綿雪がつぎつぎと

地上に舞い降りてくる。

気がつくと、涙を流していた。

ただでさえ雪で視界が悪いのに

これ以上視界がわるくなったら事故っちゃうじゃないか…

手でぬぐうも…

なぜだろう…

次から次へと

涙はあふれ出す。

声まで出して泣きそうになった。

なんでだろう。

綿雪はぼくのそんな動揺なんて関係なく

ふわふわと振り続ける。

たまらず車から降りて

空を見上げた。

不思議と涙は止まっていた。

あまりの幻想的な世界に、

僕は思わず空に心が吸い込まれそうな間隔に

一瞬だけ、

ほんの一瞬だけだけど

落ちそうになって、

はっと、現実に引き戻された。

PR
プロフィール
HN:
No Name Ninja
性別:
非公開
最新記事
P R
powered by NINJA TOOLS // appeal: 忍者ブログ / [PR]

template by ゆきぱんだ  //  Copyright: うにょ@の即興詩集 All Rights Reserved