忍者ブログ

* admin *  * write *  * res *
[1]  [2]  [3
<<12 * 01/1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31  *  02>>
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

緑の香り、
新緑の優しさ
五月の思いやり

まぶしいグリーンの光に包まれて
僕は瞳を閉じて
静かにそっと深呼吸

気持ちが優しくなれるよ。

風が吹いた。

また、

ほら。

コデマリの花たちも揺れて笑ってる。

綺麗だね。

綺麗だよね。

そっと手を伸ばす。

君にもこの景色見せてあげたい。

優しさをこの花に預けて
僕も風に流されて
五月の空に
帰れたらいいね。

きっと、
君に届くといいな。

この静かな五月の優しい香りが。

PR

真っ直ぐに、

真っ直ぐに

突き進むように

澄み切った空のような

その瞳を

その瞳を

僕は見つめていたい。

ずっと。

ずっと。

ポプリみたいに色々な花びらたくさん、

小さな小袋に詰め込んだみたいな感じ。

皆さんおはよう、こんにちは、おやすみなさい。

優しい言葉で、優しい色で、優しい気持ちで、

ごきげんよう。

左に回りました。

左回り。

時計の針が、左回り。

不思議だね、

不思議だよね。

だって、左回りの向こう側に

懐かしい自分が立っていたんだ。

過去の自分は嫌い…って思っていたけど

そうでもなかったね。

過去の自分をそっと見つめたら、

励まされた、

励まされた、

励まされたよ。

元気でたよ。

まさか自分に励まされるなんてね。

それも過去のね。

未来の自分にばかり目を向けてないで

たまには左回りの自分を見つめるのも

いいかもね。

大切な自分の欠片、たくさんころがってるね、

輝いてるね、

光ってるね。

大事だね。

大事だよね。

全部、

全部、全部、全部

大事だね。

過去も、未来も

そして今の私も。

なんだか、また

地面に手をつきながら立ち上がれそうな気がしてきた。

過去の君のおかげでね。

この地方には珍しく雪が降った。

それも、ふわふわの綿雪だ。

珍しいものをみた。

車のフロントガラスの向こうの世界で

ふわふわと白い妖精のような綿雪がつぎつぎと

地上に舞い降りてくる。

気がつくと、涙を流していた。

ただでさえ雪で視界が悪いのに

これ以上視界がわるくなったら事故っちゃうじゃないか…

手でぬぐうも…

なぜだろう…

次から次へと

涙はあふれ出す。

声まで出して泣きそうになった。

なんでだろう。

綿雪はぼくのそんな動揺なんて関係なく

ふわふわと振り続ける。

たまらず車から降りて

空を見上げた。

不思議と涙は止まっていた。

あまりの幻想的な世界に、

僕は思わず空に心が吸い込まれそうな間隔に

一瞬だけ、

ほんの一瞬だけだけど

落ちそうになって、

はっと、現実に引き戻された。

プロフィール
HN:
No Name Ninja
性別:
非公開
最新記事
P R
powered by NINJA TOOLS // appeal: 忍者ブログ / [PR]

template by ゆきぱんだ  //  Copyright: うにょ@の即興詩集 All Rights Reserved